【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

議案審議に向け現地調査 6/12

道の駅きたかわべ物産販売施設 12日
             道の駅きたかわべ物産販売施設 12日
 
 6月市議会が14日に開会します。審議する議案は、専決処分の承認や補正予算、条例関連など全部で24議案です。開会に先立ち市議会は11日、議案説明会を行いました。

 各議案について、担当課長から説明を受けました。24件の議案には、北川辺地域の4公共施設の管理について、指定管理者制度を導入する内容が含まれています。
  
       歴史資料館         スポーツ遊学館

「指定管理者制度を導入して、市民の利益になるのか」 早速、日本共産党議員団は議案調査を開始しました。私は小坂徳蔵団長、松本英子議員、及川和子議員とともに12日、現地に足を運び、4施設を調査しました。 

 対象の4施設は、■道の駅きたかわべ物産販売施設、■北川辺郷土資料館、■北川辺ライスパーク、■北川辺スポーツ遊学館です。現地調査は約3時間を要しました。

 今回の調査で得られた内容は、これから始まる6月市議会の議案審議にしっかり生かして参ります。
ライスパーク
               北川辺ライスパーク研修室
 
 

2018.06.13 19:24:27

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなのまち №888 6/10

 

2018.06.10 22:27:01

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

26日の本会議で一般質問を行います

6月市議会に一般質問を通告している議員は15人です。私は、26日の午前10時30分頃から4項目を質問します。質問は答弁を含めて1時間、論点が明確になるよう一問一答方式で行います。
 
◆佐伯由恵議員の一般質問 26日午前10時30分頃〜

 ・地域農業の再生について
 ・子どもの貧困対策について
 ・生徒の健康と部活動について
 ・騎西中央幼稚園と騎西小学校の複合化について


 なお、議員団の質問時間と項目は次の通りです。

◆及川和子議員の一般質問 25日午後2時頃〜

 ・高齢者相談センターについて
 ・子育て世代の支援について
 ・踏切の拡幅整備について 
 
◆松本英子議員の一般質問 26日午前9時30分〜

 ・大利根基幹排水路の整備促進について
 ・大利根道の駅の活性化について
 ・交通弱者の支援について

◆小坂徳蔵議員の一般質問 26日午後1時〜

 ・地域循環型経済の推進について
 ・公立学童保育の待機児童解消について
 ・障がい者の雇用対策について
 ・公職選挙法改正について
 ・介護保険料、国保税の改正について
 
 

2018.06.08 23:01:31

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

6月市議会の会期 14日〜29日まで

6月市議会が14日に開会します。今日8日は、議会運営委員会を開いて、審議する議案及び会期日程について協議しました。そして、会期は29日までの16日間と決定しました。


 審議する議案は、全部で24議案。内訳は、条例の専決処分の承認を求める7件、一般会計補正予算13億8,842万円の追加する補正予算など2件、市税条例改正など条例8件、市道路線の認定と廃止等の変更5件、副市長と固定資産評価員の選任など人事案件2件です。

 なお、追加議案として、人事案件4件(教育委員2人・公平委員・監査委員)が予定されています。また、議員提案の市議会基本条例を審議します。この他、請願が1件提出されています。

2018.06.08 22:07:08

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

6月市議会 一般質問を通告

 
 6月市議会が14日に開会します。今日7日(木)は市政に対する一般質問の通告期限でした。私は、4項目の質問を通告しました。以下がその内容です。

 なお、質問する日時は、明日8日に議会運営委員会を開いて協議し決定します。

◆わたしの一般質問

 ・地域農業の再生について
 ・子どもの貧困対策について
 ・生徒の健康と部活動について
 ・騎西中央幼稚園と騎西小学校の複合化について

2018.06.07 23:38:32

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

騎西地域に障がい者作業所を「のびのび」設立総会 6/3

  
      騎西地域に障がい者作業所を「のびのび」設立総会 3日 プラザきさい  

  
 騎西地域に障がい者作業所をつくる会「のびのび」の設立総会が3日、プラザきさいで行われました。7年間の準備期間を経て、いよいよ動き出しました。これまで保護者とともに歩んできた私にとって大きな喜びです。

 騎西地域には県立騎西特別支援学校があります。しかし、障がい者が通う作業所はありません。「この地域にも障がい者作業所を」―わが子が障がいをかかえる保護者にとって切実な願いです。

 これまで、保護者とともに、「どんな作業所をつくりたいか」「資金づくりはどうするか」「場所は、建物は」「一緒に動いてくれる方を増やそう」―と話し合ってきました。また、近隣の施設を見学しました。さらに市の障がい者福祉行政について、市職員から聞きました。きょうされん(共同作業所)の方から、アドバイスをいただきました。

 今回、「のびのび」の設立総会を迎えられたのは、原発避難者の双葉町民をはじめ特別支援学校の元教員、被災者支援に携わるボランティアの方々のご支援があったからです。
 
 被災者は「被災してから地域に大変お世話になっている。私にできることがあれば」と言って、作業所づくりに加わってくれました。元教員の方々は、これまでの障がい児教育の経験を作業所づくりにそそいでくれることになりました。また、旧建設会社の建物もお借りすることができました。
 
 こうして、多くの方のあたたかい気持ちが集まって、「のびのび」がスタートしました。これから、みんなで目標に向かって、力を合わせていきたいと思います。そして、障がいがある人もない人もともに豊かに暮らし、「のびのび」とすごせる共生社会を作っていきたいと思います。

2018.06.04 05:36:00

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなまち №877 6/3


  

2018.06.03 23:46:58

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲