【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

「市民は何を望むのか?」 研修

       市議会議長会研修 吉川市 26日
 
 「市民は何を望むのか?」〜ニーズの把握と連携の可能性〜と題して、埼玉県市議会議長会・第4区議長会の議員研修が昨日(26日)、吉川市中央公民館ホールで開催されました。


  市議会議長会第4区議長会は、県東部地域の加須市を含む12市で構成され、会場には、市議会議員が大勢参加しました。私も参加しました。

 研修会の講師は、谷口尚子・慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科准教授です。

 
     講演する谷口氏
 谷口准教授は先月、平成国際大学で開催された、日本法政学会主催によるシンポジウム「町村議会の活性化を考える」でのパネリストでもありました。シンポには、平成国際大学と連携をすすめる、加須市議会も出席。谷口准教授の講義は2回目。

 講演では、「地方議会の現状と改革の方向性」について、市民との連携策を深化させる観点から、住民参画の在り方等についてお話。さらに、具体的な市民ニーズの把握の実践として、事前に東部地域の加須市を含む12市の住民に対し、インターネット調査を実施し、調査結果を報告。わかりやすく、面白い内容でした。


 加須市議会は、市民との連携を推進し、議会改革に取り組んでいます。先の6月市議会では市議会の最高規範となる「市議会基本条例」を制定しました。さらに市民との協働・連携を発展させたいと思います。

 
                インターネット調査結果より
 
 


2018.07.27 07:14:31

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

騎西地域に障がい者作業所を


  emoji 騎西地域に障がい者作業所をつくる会「のびのび」が
  emoji 花会員を募集しています。
  emoji 市内のみなさん
  emoji ぜひご支援・ご協力をお願いします。

 

2018.07.25 20:43:32

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議会基本条例 市民に報告、意見交換


       議会条例報告会  中央が小坂委員長、右が私   12日
 

 加須市議会は、市民との連携・協働を推進し、議会改革に取り組んでいます。議員団から私と小坂徳蔵団長が、議会改革特別委員会に入って協議を行っています。

 市議会は、議会の最高規範となる「加須市議会基本条例」を、6月市議会最終日(29日)の本会議で、全会一致で可決しました。そして、今月3日から施行しました。


 市議会は12日、市民公開研修講座「市民ととともに進める議会改革」―加須市議会基本条例制定報告会―をパストラルかぞ多目的室で開催。大勢の参加者と議員で、会場はいっぱいになりました。

 はじめに、党議員団長の小坂徳蔵・議会改革特別委員会委員長が挨拶。続いて、閉会した6月市議会の報告を小勝裕真・議会改革特委副委員長が行いました。

 その後、小坂委員長が市議会基本条例の内容について、以下の4点について説明。
 ①なぜ、市議会改革をすすめるのか
 ②市民とともに創った市議会基本条例
 ③基本条例の特徴とポイント
 ④市議会改革の現状と課題について、説明しました。

 さらに、小坂委員長は条例制定にあたって、市民と協働してすすめてきた経緯を、以下の3点について報告しました。

 ①市議会改革アンケートを実施(昨年2月〜3月)
 ②条例素案の公聴会を実施(昨年11月)
 ③条例案のパブリックコメントを実施(今年1月〜2月)

 このように、市民の意見を踏まえて条例案を策定し、6月市議会に上程、可決しました。

 最後に、小坂委員長は、「市議会基本条例の制定は、市議会改革のあくまでもスタートに過ぎない。今後、議員一人ひとりの意識改革が求められてくる」と強調しました。

 その後、市民との意見交換が行われ、参加者から1時間にわたって、以下のような意見等が出されました。

◆市議会の熱い思いを評価したい。
  制定した以上は、議員が 守っていくことが大事。
◆市議会の意欲を感じ、嬉しい。
  もっと多くの市民に伝えるため、日曜日が良かった。
◆議会力・議員力を一人一人が早くつけて欲しい。
◆市議会の積極的な姿勢に敬意。実を結ぶよう期待したい。
◆市民との距離を縮めることは大事。
  ネット中継など検討して欲しい。

 このように、「市民ととともに進める議会改革」の市議会基本条例報告会は、市民との連携・協働をさらに推進する、有意義な会議となりました。
 
 

2018.07.24 20:58:04

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

いのちに関わる危険な猛暑 学校にエアコンを

 

                      市内の小学校  23日

     

 熱中症予防対策温湿度計「厳重警戒」

       
       市内の女性団体と懇談
       いま最大の心配は、この猛暑
           

       県内40市の中で小・中学校に
       エアコンがないのは加須市のみ
       子ども達のいのちと健康が心配です

       市内の学校では昨日・・・
       気温と湿度を表す
       熱中症予防対策温湿度計が
       1階が35度―「厳重警戒」ライン
       3階は40度―「運動は原則中止」ライン

       繰り返し繰り返し 
       議会でエアコン設置を求めてきました


       6月市議会でエアコン設置のための
       調査費が予算化しました

       「急いで設置して稼働を」
       市民と力を合わせます。







          


 

2018.07.23 16:20:35

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

夏祭り 太鼓たたく

画像に含まれている可能性があるもの:6人、オンステージ(複数の人)、屋外

夏祭り
太鼓の出演依頼で
神社や集会所など色々な所で叩いています
8月いっぱい続きます

 画像に含まれている可能性があるもの:6人、座ってる(複数の人)、屋外  画像に含まれている可能性があるもの:7人、座ってる(複数の人)、屋外  画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、空、木、屋外
 
 

2018.07.22 23:59:28

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなのまち №893 7/22


emoji 週刊地域新聞「みんなのまち」№893 を発行しました。
emoji 日本共産党党創立96周年と平和行進について報告します。

  

                       

2018.07.22 23:56:12

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

水害時の広域避難について学ぶ


講演する片田敏孝教授 パストラルかぞ大ホール 20日
         講演する片田敏孝教授 パストラルかぞ大ホール 20日
 
 西日本豪雨災害では、14府県で死者218人、安否不明者12人(20日現在)の甚大な被害となりました。今も厳しい猛暑の中、約5千人の方が避難生活を送っています。連日、全国から大勢のボランティアが駆けつけ、救援と復旧に全力を上げています。

 加須市は、利根川と渡良瀬川の2つの大河を有しています。1947年9月には、カスリーン台風で利根川右岸が決壊し、広範囲に浸水、死者1100人に上る大惨事となりました。
 豪雨災害に備え、加須市防災講演会が今日21日、2会場にわたって開催され、大勢の市民が参加しました。


 
 防災講演会の主催は加須市。午前のパストラル大ホールの会場には、議員団から私、小坂徳蔵議員、松本英子議員が参加。午後は、利根川と渡良瀬川に囲まれた北川辺地域を会場に行われ、及川和子議員が参加しました。

 講師は、片田敏孝・東京大学大学院情報学環特任教授。片田教授は、利根川中流4県境広域避難協議会アドバイザー、加須市防災会議の委員を務めています。

 片田教授は、西日本豪雨の特徴について、地球温暖化の影響で尋常ではない多量の水蒸気が発生し、線状降水帯により、ものすごい雨量が面的、かつ長期間にわたって降り続き、被害が拡大したと解説。広域災害だからこそ広域避難が必要、しかも早い時期に広域に避難することを強調しました。

 さらに、西日本豪雨の岡山県倉敷市真備町地区で起きた浸水被害について、本流の水量が増水し、支流との合流でバックウオーター現象が発生して堤防が決壊。
 これは利根川と合流する渡良瀬川にも当てはまる、と指摘。そうなれば、加須市も被害が広範囲に、そして長期間に及ぶと解説。利根川が氾濫したときは、浸水地域の外に避難する広域避難を重ねて強調。避難3原則は、「想定にとらわれるな」「最善を尽くせ」「率先避難者たれ」と述べました。

 最後に片田教授は、「災害が発生したら地域みんなで逃げる」「官民挙げて災害に立ち向かい、連帯・連携の関係をつくること」の重要性を述べました。
 

2018.07.21 19:13:12

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲