【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

旧大利根町当時の開発に50億円 容認できない

 
 

 予算委議会が今月17日に閉会。私は、産業建設常任委員会に付託された8議案のうち5議案について議員団を代表して討論を行いました。
 以下は、栗橋駅西(大利根地区)土地区画整理事業予算に対する討論です。
 

 栗橋駅西(大利根地区)土地区画整理事業予算にかかわる問題について意見を述べます。

 これも野中開発と同様です。土地区画整理事業の基本は、減歩によって保留地を生み出し、それを売却して事業費に充てることです。

 ところが、栗橋駅西開発も野中の開発と同様に、先に血税投入ありきの手法で進められてきました。

 
 当該事業の開発面積は39・1㌶、計画人口は3120人、総事業費は64億2346万円で、うち市費(税金)は48億900万円、事業費の74・8%にも上っています。

 一方、保留地処分金はわずか8億1892万円・12%にとどまり血税ありきの典型的な事業です。

 無法な開発に税金50億円をつぎ込む、このような税金の使い方は市民の立場から到底容認できません。

2017.03.28 06:15:27

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

失敗した野中開発 税金投入に異議あり 3/27


  
 17日、一ヶ月にわたった予算市議会が閉会しました。

 私は、最終日の本会議で議案の採決に先立ち、産業建設委員会に付託された8議案のうち5議案について、議員団を代表して市民の立場から討論しました。

 以下は、野中区画整理事業予算について討論の要旨です。



 2017年度野中土地区画整理事業予算にかかわる問題について意見を述べます。

 この事業はあまりにも無謀であることから、旧大利根町が合併直前に急きょ、事業計画を縮小して、加須市に引き継いだ開発です。当初の計画の開発面積86・3㌶、計画人口6900人、総事業費99億8800万円というものでした。

 合併後の内容は、開発面積63・5㌶、計画人口3800人、総事業費55億5400万円でうち市費は26億6030万円に上り、半分は税金を投入する内容です。
 保留地処分金は15億6600万円を見込んでいますが、一般保留地40区画のうち売れたのは3区画地のみ、37区画、約4億円が残っています。

 市はホームページでPRしていますが、処分できるのか、その保証はまったくありません。仮に保留地が処分できなければ4億円も税金で負担しなければなりません。

 そもそも人口減少社会のもとで当該地域には400人弱しか住んでおらず、3800人を増やす計画そのものが無謀だったと言わざるを得ません。

 こうみてくるならば、事業計画のさらなる縮小は必至といえます。

 ところが、市は予算市議会直前に突如、新たに事業費を17億円増額すると言い出しました。その理由は、雨水管整備や交差点改良工事のためと説明しました。17億円のうち16億8224万円・98%は税金です。変更前の26億円と合わせると税金投入はなんと約42億円に上ります。保留地が売れなければ、さらに4億円増加します。

 なぜ今になって雨水管整備か。そんなことは最初からわかっていたこと。事業費を圧縮するための見せかけとしか考えられません。

 失敗した開発に、市民が額に汗して必至で納めた血税を、湯水のように使うことは、市民の立場から到底容認できません。

 いま子ども達や保護者は、学校にエアコン設置を強く願っています。この17億円があれば、小中学校30校の教室にエアコンをすぐに設置することができます。税金は、子どもの願い=エアコンに使うべきです。

 市長は、税金の使い方を誤ったときびしく指摘します。

2017.03.27 10:05:29

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなのまち 3/26  №846

  

2017.03.26 23:22:41

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなのまち 3/19 №845

 

2017.03.19 22:23:57

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

議運で修正案を説明

      (モクレン 騎西生涯学習センター 12日)

 
 今日16日は、議会運営委員会を開催し、明日・最終日の議事について協議しましました。市長が、農業委員会委員の15件を含む追加議案17件について説明しました。

 わが議員団は、2017年度予算の審査をふまえ、15日、議長に対し予算修正案を提出。私は、今日の議会運営委員会で、修正案の趣旨と内容について説明しました。




 修正案は、市民所得が低迷するもとで、市民の暮らしを支援するため、血税ムダ遣いなどを見直し、次代を担う子ども達と高齢者を支援する事業に組み替え、さらに災害につよいまちづくり、地域循環型経済の推進を図るものです。

   【共産党議員団が提出した予算修正案の内容】
 
   ◇野中土地開発の新たな17億円の税金投入を見直し、
    保育所と学童保育の保育料を半額にし、10年間継続する。

   ◇子ども、保護者の願いである学校のエアコン設置を
    新年度から稼働させるため、債務負担行為を措置。

   ◇子育て支援を推進
    ①学校給食費を第2子半額、第3子無料
    ②子ども医療費の窓口払いを市外医療機関に拡充
    ③学校の備品「机の引き出し」を公費負担にする

   ◇高齢者の尊厳を守るため、介護保険の公費負担50%の
    措置を講じて介護保険料を軽減する。

   ◇市経済の長期低迷から脱却するため、地域循環型経済を
    推進し、住宅リフォーム制度の助成を拡充する。

   ◇災害につよいまちづくり
    ①緊急地震速報の端末を市内小・中学校すべてに設置
    ②県内最低水準の木造住宅耐震化補助の大幅増額
    ③災害から早期再建をすすめるため
     新たに「安心・生業(なりわい)基金」を創設

   ◇市民と協働して資源循環型地域社会の構築をめざし、
    指定ごみ袋を廃止する。

   ◇予算修正に要する財源は、ムダ遣いの同和事業をすべて廃止し、
    個人情報漏えいのマイナンバーに係る経費を組み替える。

2017.03.16 23:15:24

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

騎西中207人巣立つ

     (河津桜 騎西生涯学習センター 12日)

 
 今日15日、市立騎西中学校から未来に向かって207人が巣立っていきました。私は来賓として参列し、生徒の新たな門出を祝福しました。

 卒業生一人一人が校長先生から卒業証書をいただきました。校長先生は式辞で「みなさんは自慢の生徒です」と語りました。とっても嬉しい言葉でした。
 
 在校生の贈る言葉や卒業生の別れの言葉に、式場が涙しました。

 合唱「あなたへ」「大地讃頌」は感動的でした。生徒の歌声からひたむさがひしひしと伝わってきました。ひとつひとつの言葉に大きな力を感じました。

 207人の卒業生のみなさん、おめでとう。前に向かってしっかり歩んでいって下さい。


   卒業生合唱 「大地讃頌」
    
      母なる大地のふところに
  
      われら人の子の喜びはある

      大地を愛せよ

      大地に生きる人の子ら

      人の子その立つ土に感謝せよ

      平和な大地を 静かな大地を

      大地をほめよ たたえよ土を

      恩籠のゆたかな大地 われら人の子を

      大地をほめよ たたえよ 土を

      母なる大地を たたえよ 土を

      母なる大地を たたえよ ほめよ

      たたえよ 土を

      母なる大地を ああ

      たたえよ大地を ああ

2017.03.15 23:56:41

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

拓 誕生! 3/13

   
     
   emoji 今日13日 真夜中
     
   emoji 0時35分のことでした

   emoji 長女が無事2人目を出産

   emoji 3008㌘の男の子

   emoji お兄ちゃんより小さいけど

   emoji とっても元気です

   emoji おばあちゃんは忙しくなります
 
   emoji 拓と瑛のためがんばりま~す

2017.03.13 22:57:33

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲