【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

みんなのまち  8/6 №860


      

2017.08.08 07:49:43

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなのまち 7/30 №859

 

2017.08.08 07:47:54

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

原爆投下の日 騎西平和展

5日と6日、市内の生涯学習センターキャッスルきさいで「第7回夏休み平和展」が開催されました。主催は、騎西平和を考える会。
 会場には、騎西中学3年生による「平和と絆」と題した俳句が約150点勢ぞろい。広島・長崎の原爆の写真パネルの他、今回の特別企画・憲法施行70年「憲法ってなあに」を展示。
 さらに、7月、国連で採択された人類史上初の「核兵器禁止条約」について紹介。また、視聴覚室ではピースアニメ「つるにのって」と「最後の空襲くまがや」が映写された。
 6日は、広島に原爆が投下された日。2日間は、多くの市民でにぎわった。80代の男性は「戦争は二度と会ってはならない」と訴えていました。


 画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
      
     画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
   

2017.08.07 23:49:40

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

みんなのまち 7/23 №858


    

2017.07.23 22:35:22

テーマ:みんなのまち/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

米軍機の騒音被害 苦情窓口設置を 

市民が撮影した米軍機 (2017.1.30)
            市民が撮影した米軍機 (2017.1.30)
 
 市内上空で頻繁に行われている米軍機による低空飛行訓練。防衛省北関東防衛局や市役所には、市民から騒音などの苦情が寄せられています。
 佐伯由恵議員は6月市議会の一般質問(6月26日)で、市民の声を紹介し、市民が安心して生活できるよう、市に対して相談窓口設置など適切な対応を求めました。


 関東平野上空には幅約10㌔、長さ3百㌔にわたり、米軍横田基地が管轄する専用空域(横田エリア)があります。埼玉上空はこの空域にすっぽりと覆われていて米軍機の低空飛行訓練が繰り返し行われております。市内でも米軍の輸送機C130等による超低空飛行が頻繁に目撃され、市民が不安を募らせています。

 佐伯議員は、防衛省北関東防衛局が作成した、『米軍機の飛行に係る苦情等受付状況』を示し、「県の苦情件数は111件(2012年度〜17年度)、うち市民の苦情は6件」と説明。写真も提示しながら内容を紹介しました。

◆2014年 1月 10時 平成国際大学上空 輸送機3機・高度300㍍以下
 画像

 「低空で飛行しうるさい、恐かった。米軍等に伝えて欲しい」
◆2015年 11月30日 20時 旗井付近
 「昨日から今日にかけて軍用機のような飛行機が低空飛行。すごい音で恐い」

 佐伯議員は「 これは氷山の一角。私の手元には市民からの苦情が多数寄せられています」と述べて市民の声を紹介しました。

◇花崎では、米軍機がライオンズマンションにぶつかるのではないかと思うくらいの低空飛行で危機感を強く感じた。14階の住民は、機体で当たりが暗くなった。本当に恐かった。
◇旗井は頻繁に飛んでいる。
◇下谷(羽生との境)では、家の真上を米軍機が超低空で飛行。パイロットの顔が見えるくらいだった。
◇種足では、毎日のように音を立てて飛んでいる。
◇芋茎では夜間もお構いなし。大きな音で飛んでいる。

 さらに佐伯議員は、「市役所にも市民から苦情が寄せられています。市に相談窓口の設置し、適切に対応するよう」提案しました。

 これに対し、大和田一善環境安全部長は「自治協力団体や市民から要望があり、県環境事務研究連合から低空飛行を制限していただきたい旨、県基地対策協議会を通じ防衛省等へ要望した。苦情が寄せられた際には話を伺い、防衛省北関東防衛局や入間基地の窓口を案内し、必要に応じて国・県と連携を図っている」と述べ、引き続き対応すると答えました。

2017.07.22 23:09:53

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

核兵器禁止条約を力に平和行進


 
      平和行進参加者のみなさん(中央・私)

 20日、騎西地域で「なくそう!核兵器」「核兵器を禁止する条約を!」を掲げ、原水爆禁止国民平和行進が行われました。猛暑の中、出発式の会場である騎西総合支所の駐車場に参加者が次々に集まりました。

 午前9時、出発式を開催。進行役は私。まず、大橋良一市長代理の中島隆明騎西総合支所長が 「核兵器の廃絶に向けた行動が重要。みなさんの長年にわたる継続的な活動に期待しています」と激励。さらに、「加須市は『平和市長会議』に加盟し、その実現に向け取り組んでいる」と紹介し、「世界恒久平和に向け市民とともに推進していきます」と述べました。

 続いて、私が次のように情勢報告。
  
 広島・長崎に原爆が投下されて72年。21万人もの方が犠牲になりました。今もなお、原爆で苦しんでいる被ばく者。この国民大平和行進は、今年で59年目。全国くまなく行進し、最大規模の反核平和になっています。

 今回は、人類史上初めて、国連会議で核兵器禁止条約が採択されという嬉しいニュースの中での開催です。 条約は今月7日、国連加盟国193カ国の約3分の2にあたる122カ国の賛成で採択されました。長年の被ばく者と国内外の核兵器廃絶に向けた70年の運動が実を結びました。私達の平和行進もその一つです。

 
    通し行進の五十嵐さん
 条例は、その前文で、核兵器の非人道性をきびしく告発し、違法性を述べています。被ばく者について、「ヒバクシャにもたらされた容認しがたい苦難と損害に留意する」「ヒバクシャは…核兵器廃絶を推進するため市民的良心の役割」と述べています。被ばく者に心を寄せたあたたかい内容になっています。

  第1条では、核兵器の開発・製造・取得・保有・使用及び使用の威嚇などを禁止しています。核兵器に「悪の烙印」を押し、全面的に違法化するものです。

  第4条では、核兵器の完全廃絶に向け、核兵器保有国に対し、条約参加の門戸を開いています。その一つが核兵器を廃棄した上で条約に参加する道、二つ目が条約に参加した上で速やかに核兵器にを廃棄する道です。

 各国による条約の署名は、9月20日から始まります。条約に批准し、その数が50カ国に達して90日後に条約が発効します。日本は唯一の被爆国でありながら、国連の交渉には参加銭司、世界の失望と批判を招いています。

 日本政府が核兵器廃絶の世界の流れに加わり、責任を果たすよう運動を強めていきましょう。今日も暑いですが、核兵器廃絶に向け、元気よく行進しましょう。
 
  続いて、今年5月、北海道の礼文島から出発し、東北、関東と行進を続けている、「通し行進」の五十嵐成臣氏(73歳)が挨拶。五十嵐さんは、平和行進は国内だけではなく、海外からも多くの方が参加していることを紹介。核兵器廃絶は世界の願いであることを強調しました。

 続いて、埼玉土建加須支部、年金者組合騎西支部、新婦人の会騎西支部の代表が核兵器廃絶や平和行進の成功に向けて決意表明しました。

 出発式後、いよいよ平和行進。平和の曲を流しながら、参加者は元気よく、「核兵器禁止」「核兵器いらない」「戦争イヤだ」「いのちが大事」「平和がいちばん」「原発いらない」「再稼働反対」などラップ調でピースコール。参加者の声が商店街に響き渡りました。平和行進は、この後、久喜市菖蒲町に引き継がれました。
    横断幕・のぼり・うちわで元気に商店街を行進

2017.07.21 23:07:00

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

日本共産党創立95周年 記念講演会


 

  emoji 7月15日
  emoji 日本共産党は
 emoji 95歳を迎えました。
 emoji 19日には
 emoji 日本共産党創立95周年
 emoji 記念講演会が行われます。

2017.07.17 01:49:49

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲