【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

7月15日 党創立95周年


 7月15日、日本共産党は1922年(大正11年)の創立から95周年を迎えました。

 日本共産党が躍進し自民党が歴史的大敗を喫した東京都議選、人類史上初の核兵器禁止条約の採択など、党の節目となる記念日を歴史的大激動のなかで迎えました。

 この1世紀近い歴史には、国民主権、平和と民主主義の旗を不屈に掲げ、時代を切り開いた歩みがしっかりと刻まれています。

  日本共産党が創立された戦前は、「天皇絶対」の専制政治と人権抑圧体制でした。自由な発言は許されず、異論を唱えれば容赦なく抑圧されました。

 日本共産党は侵略戦争と植民地支配に反対し、反戦平和・自由と民主主義のために、命をかけてたたかい抜きました。多くの先輩が逮捕、投獄され、拷問で殺害されました。 日本共産党の勇気あるたたかいは、日本国憲法の戦争放棄、主権在民にしっかり明記されました。

 いま、安倍晋三政権は憲法を変えて、戦後の日本のあり方を根本的に変えようとしています。

 
 「戦争法」や「共謀罪」法の強行、加計・森友学園に見られる「国政私物化」、問答無用の強権政治に、多くの国民が強い危機感を持っています。それは、都議選で自民党の大惨敗という形で劇的に示されました。

 都議選での日本共産党の躍進は、安倍暴走政治と真正面から対決する党への期待の表れです。安倍政権を倒し市民と野党の共闘を果敢にすすめる共産党への信頼と期待も寄せられています。安倍政権を追い詰めるたたかいを、ご一緒に進めましょう。

 ニューヨークの国連会議で、核兵器禁止条約が国連加盟国の約3分の2の賛成で採択されました。戦後一貫して、核兵器廃絶と被爆者援護を掲げ続け、国連会議成功にも貢献した党として大きな喜びです。「核兵器のない世界」の実現へ、唯一の戦争被爆国の党として力を尽くします。

 歴史の本流と逆流が激突する戦後かつてない激動的な新しい時代の中で、日本共産党の役割と責任はますます重要となっています。

 5年後は党創立100周年です。未来に向けて多くの国民と力を合わせ、日本の新しい政治を前に進めるために力を尽くす決意です。

 多くの方に入党と「赤旗」のご購読を心から呼びかけます。

 

2017.07.15 22:31:26

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

国民平和大行進にご参加を!

      核兵器禁止条約を力に
      核のない平和な世界へ

      みなさん
      国民平和大行進
      「騎西地域」に
      ご参加ください。


2017.07.13 23:03:29

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

法律事務所へ


 emoji 昨日10日は市民からの生活相談で
   相談者とともに法律事務所へ

 emoji 私に寄せられる
   市民からの相談は様々です
   
行政の対応で解決できるもの
    内容が深刻で専門家の力が必要なもの
 
 emoji いずれも
   相談者の方の心配事や悩みが解決でき
   安心して生活が送れるよう
   解決に向けて力を合わせています

 emoji   電車の窓にグリーンの稲田が広がっていました

2017.07.10 22:53:11

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

埼玉12区の会「森ゆうこ、野党共闘を語る」

   
   講演する森ゆうこ議員

 9日、「安保法制を廃止し、立憲主義を回復する埼玉12区の会」(「埼玉12区の会」)は、行田市教育文化センターみらいを会場に「森ゆうこ、野党共闘を語る」を開催。私も参加しました。

 「埼玉12区の会」は今年1月、12区内の熊谷市・行田市・羽生市・加須市・鴻巣市の市民が結集し、「野党共闘の実現を求め、国民本位の政治をめざし共同して運動をすすめること」を決意。今回の講演会は、来るべき総選挙に向け、野党共闘をすすめるためのもの。

 森裕子参議院議員(自由党・元文部科学副大臣、新潟県選出)は、昨年の参院選で定数1の新潟県で野党統一候補として、自民党候補に競り勝って見事当選。その直後に行われた新潟県知事選挙では、選対本部長として陣頭。野党統一候補を擁立し、見事当選させました。

 講演で、森参院議員はその経験を縦横に報告。「野党が共闘して候補者を1人にしぼれば必ず勝てる」「それぞれの政党の立場を尊重すること」などを強調しました。

 当日は、野党4党から民進党・森田俊和氏、日本共産党・林秀洋氏、自由党埼玉県連代表・松崎哲久氏、社民党熊谷総支部の代表が挨拶。12区内の地方議員も招待され、参加者に紹介されました。


    
左から12の会、民進党・森田俊和氏、日本共産党・林秀洋氏、自由党県連代表・松崎哲久氏、社民党熊谷総支部、12区の会

2017.07.10 21:48:19

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

私の新たな所属 頑張ります

 
  
先の市議選から、2年が経過しました。

 6月市議会(先月30日閉会)では、常任委員会や一部事務組合議会、各種協議会及び審議会など、議員の新たな所属を決定しました。

 私の新たな所属(継続も含め)と当面予定されている会議は、次の通りです。

   〈私の今後2年間の所属〉
 
    ◆産業建設常任委員会委員
    ◇市議会だより編集委員会委員
    ◆議会改革特別委員会委員
    ◇広域利根斎場組合議会議員
    ◆介護保険運営協議会委員
    ◇健康づくり推進委員会委員

   〈当面の会議の予定〉

    ■7月13日(木)9時30分~  議会改革特別委員会
    ■7月28日(金)1時~    健康づくり推進委員会
    ■8月2日(水)1時15分~  介護保険運営協議会

2017.07.10 01:18:12

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

安倍内閣 支持率急落!  6/19



 安倍内閣 支持率急落!  首相 慌てて会見! 反省いや言い訳だ! 国民は怒っているぞ! まずは!都議選できびしい審判を!

2017.06.19 23:05:46

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

政務活動費 12日~市議会ホームページで公開 6/14

 
   アジサイ 玉敷公園8日


 各会派の政務活動費の使途について、市議会ホームページで公開します。

 政務活動費は議員の政策立案能力の向上、調査研究など市議会の活性化に必要な経費の一部を交付する制度です。

 加須市議会では、議員1人当たり月額1万2千円を会派に交付しています。

 市議会改革特別委員会では、市議会の透明化をする一環として、その使途について領収書を含めホームページで公開することを決定しました。

 12日から市議会ホームページで公開します。 
 
 政務活動費のネット公開は、県内40市の中で3番目です。

 

2017.06.14 23:20:35

テーマ:未選択/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲