【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

憲法9条堅持を 請願提出


    皆既月食  31日 23時40分
 
 今夜は皆既月食。

 予算市議会が2月9日に開会します。来る市議会に、「戦争を放棄した憲法第9条を堅持し、平和と立憲主義を求める請願」を提出しました。紹介議員は、日本共産党議員団。

 この請願の趣旨は、「立憲主義を守り、海外で再び戦争する国にしないため、現行の憲法第9条を堅持することについて、加須市議会が政府と国会に意見書を提出されるよう、市民各界各層の署名を添えて請願」したものです。

 市議会は、予算市議会を準備するための議会運営委員かを2月5日に開き、請願の審査日程を決定します。なお、請願の全文は以下のとおり。


 戦争を放棄した憲法第9条を堅持し、平和と立憲主義を求める請願


  
第二次大戦で夥しい犠牲者を出した痛苦の反省から、日本国憲法は国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和を三原則として制定された。特に、戦争の放棄を定めた憲法第9条は、憲法前文が謳う、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意して」定めたものである。

 先の大戦では、加須市の若者2千125人が犠牲となり、市主催による戦没者追悼式が行われている。さらに、加須市は平和都市を宣言し、「戦争や紛争などが繰り返されることのないよう、平和の尊さを訴え続けます」と市の内外に呼びかけている。

 日本が戦後70年以上にわたって、海外で戦争しなかったのは、憲法第9条の存在と平和を何よりも願う国民の粘り強い運動の結果である。日本が再び海外で、「戦争する国」にしてはならないのである。

 憲法第9条は、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と定めており、9条を改正したり、新たな文言を付け加える必要は全くないものである。

 私たちは、日本国憲法の民主主義、基本的人権の尊重、平和主義が生かされる政治を心から願うものである。

 そこで、立憲主義を守り、海外で再び戦争する国にしないため、現行の憲法第9条を堅持することについて、加須市議会が政府と国会に意見書を提出されるよう、市民各界各層の署名を添えて、請願するものである。    以 上
 

2018.01.31 23:59:45

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲