【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

埼玉12区・林予定候補と宣伝

     埼玉12区・林ひでひろ予定候補

 7日は、埼玉12区・林ひでひろ予定候補と
 騎西地域の5回ヶ所で街頭演説
 候補者のいのちはなんといっても演説です
 公示まであと3日 演説に磨きをかける

2017.10.07 23:39:39

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

加須駅 林予定候補と宣伝

総選挙まであと4日 今朝は6:30から駅頭宣伝

 林ひでひろ・埼玉12区予定候補 「総選挙では日本共産党を」

 11人で元気に楽しく日本共産党のビラを配りしました
 
   
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017.10.06 12:55:53

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議会基本条例 素案作成へ

 6月市議会が閉会し、市議会改革の協議が再開しました。昨日13日,市議会改革特別委員会を開催。党議員団から私と小坂徳蔵議員が出席しました。


 
 今回の議題は、実に盛りだくさん。

 ◆報告事項  ①執行部との事前協議の報告
         (議決事件の追加、質問等論点の明確化、政策情報の開示等)
        ②市議会ホームページのアクセス状況
         (議会改革開始後2.6倍に)

 ◆協議事項  ①市議会基本条例の素案作成(第1回)
        ②市議会例規の整理(統廃合)
        ③個別案件
         ・加須市議会版PCB(災害時の業務継続計画)
         ・会議録部数の見直し
         ・費用弁償と議員定数の調査
         ・採決の運用見直し
         ・定例会の年間計画
         ・陳情書の取り扱い など

 基本条例については、①これまでの要綱案を踏襲、②執行部との事前協議を反映、③語句を正確・適正化、④「定義」を加え32条文で構成。条例形式として整理しました。
 自由討議を重ね、加須市議会の最高規範にふさわしい内容にさらに磨きがかかりました。

 個別案件は、◇会議録部数は費用対効果で見直す、◇投票について氏名記載も賛成と扱う、◇定例会の年間計画化、◇市外の陳情は取り扱わないなどが合意されました。
 
【今後の予定】 ○第13回委員会   8月 9日(水)
        ○第14回委員会   8月23日(水)
        ○市民公開研修講座 8月22日(火)
          「地方自治法70周年と地方議会の課題について」
           平成国際大学法学部教授 浅野和生氏

2017.07.14 07:30:38

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

さいたま市長選 前島氏の応援へ

  
   あなたの一票をあったか先生に     私と柳沢・羽生市議
 
 明後日21日は、さいたま市長選の投票日。日本共産党は「あったか先生」の前島ひでお氏を推薦し、当選に向け全力を上げています。

 いよいよ選挙戦も最終盤。今日18日は、前島氏の応援に駆けつけました。夕刻の土呂駅で仕事帰りの方々に、地元のみなさんや応援団の22名で前島氏へのご支持を訴えました。

 「安倍暴走政治からくらしと平和を守る前島氏を市長に」

2017.05.19 23:03:20

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

メーデー 働くものの連帯で雇用と生活の安定を

メーデーで商店街を元気に行進する参加者
          メーデーで商店街を元気に行進する参加者
 

  昨日(1日)、加須地区第62回メーデーが千方神社境内で開催され、労働者と市民が集い、集会とデモ行進が行われました。
 小坂徳蔵議員、松本英子議員、及川和子議員、佐伯由恵議員が参加しました。

 集会は、まず初めに実行委員長の挨拶。続いて来賓の挨拶。大橋良一市長、日本共産党議員団を代表して小坂徳蔵議員団長、新政会の柿沼秀雄会長、民進党市議団の小林信雄会長が参加者に連帯の挨拶を行いました。実行委員会では、市議会の全会派にご案内を送付。今回は、新たに新政会が参加しました。

 また、上田清司埼玉県知事から寄せられた、メーデーの成功を祝すメッセージが紹介されました。

 続いて、労働組合の代表が発言。東武交通労組、建交労ダンプ分会、埼玉土建加須支部、加須市職員組合、出版労連傘下の組合が職場の様子について報告しました。
 出版労連傘下の組合出版関連企業は3月、非正規労働者で労働組合をつくり、今回が初めての参加。

 続いて、メーデースローガンを確認。今年のメーンスローガンは、「働くものの連帯で、権利の拡大、雇用と生活の安定・向上を図り、自由で平和な日本をつくろう」。

 集会後、参加者はデモ行進を行い、駅前商店街を元気にシュプレヒコールしました。沿道の市民やドライバーに「貧困と格差をなくそう」、「労働者の賃金を引き上げよう」、「正規雇用を増やせ」、「戦争法をなくそう」、「共謀罪反対」など呼びかけました。

2017.05.03 07:34:05

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

議運で修正案を説明

      (モクレン 騎西生涯学習センター 12日)

 
 今日16日は、議会運営委員会を開催し、明日・最終日の議事について協議しましました。市長が、農業委員会委員の15件を含む追加議案17件について説明しました。

 わが議員団は、2017年度予算の審査をふまえ、15日、議長に対し予算修正案を提出。私は、今日の議会運営委員会で、修正案の趣旨と内容について説明しました。




 修正案は、市民所得が低迷するもとで、市民の暮らしを支援するため、血税ムダ遣いなどを見直し、次代を担う子ども達と高齢者を支援する事業に組み替え、さらに災害につよいまちづくり、地域循環型経済の推進を図るものです。

   【共産党議員団が提出した予算修正案の内容】
 
   ◇野中土地開発の新たな17億円の税金投入を見直し、
    保育所と学童保育の保育料を半額にし、10年間継続する。

   ◇子ども、保護者の願いである学校のエアコン設置を
    新年度から稼働させるため、債務負担行為を措置。

   ◇子育て支援を推進
    ①学校給食費を第2子半額、第3子無料
    ②子ども医療費の窓口払いを市外医療機関に拡充
    ③学校の備品「机の引き出し」を公費負担にする

   ◇高齢者の尊厳を守るため、介護保険の公費負担50%の
    措置を講じて介護保険料を軽減する。

   ◇市経済の長期低迷から脱却するため、地域循環型経済を
    推進し、住宅リフォーム制度の助成を拡充する。

   ◇災害につよいまちづくり
    ①緊急地震速報の端末を市内小・中学校すべてに設置
    ②県内最低水準の木造住宅耐震化補助の大幅増額
    ③災害から早期再建をすすめるため
     新たに「安心・生業(なりわい)基金」を創設

   ◇市民と協働して資源循環型地域社会の構築をめざし、
    指定ごみ袋を廃止する。

   ◇予算修正に要する財源は、ムダ遣いの同和事業をすべて廃止し、
    個人情報漏えいのマイナンバーに係る経費を組み替える。

2017.03.16 23:15:24

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

林予定候補とポスター貼り 2/25

 
      (スターを貼る林・12区予定候補)

  
 25日、日本共産党埼玉12区予定候補の林秀洋さんと、地域をまわりポスター貼りをしました。

 「野党と市民で政治を変える」の林氏のポスター。「力あわせ」の文字とともに、志位和夫委員長が「結束」を意味する手話のポーズのポスター。2枚合わせて張り出しました。

 今、予算市議会が開会中です。新年度予算を審査しています。介護・医療など新年度も安倍政治による、市民への負担増・給付減が予定されています。

 政治を変えましょう。本気の共闘態勢をつくることができれば、安倍政権を退陣に追い込むことができます。  

 

2017.02.25 23:34:25

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲