【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

県道加須鴻巣線の整備を

 

私は、9月市議会の一般質問で「県道加須鴻巣線の整備」を取り上げ、大橋良一市長に対し、県への要請を強めるよう提案しました。
 以下がその要旨です。



 県道38号線・加須鴻巣線で交通事故が頻繁に発生しています。8/18は、軽自

動車と2トン車が衝突し、軽自動車を運転していた男性はドクターヘリで埼玉医大に運ばれました。助手席の女性は、久喜総合病院に搬送されました。

 

4月には、榎戸交差点で2台の車が衝突し、赤信号で止まっていた母子の車にぶつかり、巻き添えになりました。

 

県道加須鴻巣線は歩道が全線整備されて折らず、交差点は狭く、大変危険な通学路となっています。

 

この県道の整備・安全対策について、これまで、種足9区中ノ目地区、種足5区、6区、7区、8区から要望書が市長及び県に提出されています。

 また毎年の自治会要望で市に提出されています。 

 

 〈要望活動の経緯〉

 ・2015.69日 種足9区(中ノ目)「歩道整備と交差点の安全対策」
 2015.83日 下崎下・仲組自治会
 ・2016.97日 種足5区、6区、7区、8区の自治会長連名   

 ・2017.225日 種足9区(市長と物流企業支店長に要望)      

 ・その他    2016年度及び2017年度自治会要望



 市は、総合振興計画の土地利用に基づき、県道加須鴻巣線に隣接する土地に大手流通企業を誘致しました。

 

昨年秋に、倉庫の第1期工事が完成し操業が開始しました。さらに現在、倉庫の第Ⅱ期工事を実施しています。来年夏に竣工し、8月から本格稼働する予定になっています。一日の車両台数は250台、雇用は450人と伺っています。市民の雇用創出に寄与するものと期待されているところです。

 

県道加須鴻巣線は以前から事故が多いこと、今後、交通量が増大することを踏まえ、歩道の整備や交差点の混雑解消などの安全対策は、まったなしの課題です。

これまでも多くの自治会から要望が出されており、その度に市長は県に要望書を提出し、要請してきたところです。

地域住民の願いが叶いますよう、県への要請を一層強めて頂きたいと考えます。市長のお考えを伺います。 
 
 市長は、「県としてもこの道路の重要性は認識している。これまでも県への要望をおこなってきた。県道といえども市にとっても幹線道路で安全対策は必要。引き続き、県に対し積極的な要望を行っていきたい。そして、沿線地域の皆様の安心・安全を確保していきたい」と答えました。

2017.09.21 23:38:24

テーマ:議会報告/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲