【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

市議会基本条例 市民に報告、意見交換


       議会条例報告会  中央が小坂委員長、右が私   12日
 

 加須市議会は、市民との連携・協働を推進し、議会改革に取り組んでいます。議員団から私と小坂徳蔵団長が、議会改革特別委員会に入って協議を行っています。

 市議会は、議会の最高規範となる「加須市議会基本条例」を、6月市議会最終日(29日)の本会議で、全会一致で可決しました。そして、今月3日から施行しました。


 市議会は12日、市民公開研修講座「市民ととともに進める議会改革」―加須市議会基本条例制定報告会―をパストラルかぞ多目的室で開催。大勢の参加者と議員で、会場はいっぱいになりました。

 はじめに、党議員団長の小坂徳蔵・議会改革特別委員会委員長が挨拶。続いて、閉会した6月市議会の報告を小勝裕真・議会改革特委副委員長が行いました。

 その後、小坂委員長が市議会基本条例の内容について、以下の4点について説明。
 ①なぜ、市議会改革をすすめるのか
 ②市民とともに創った市議会基本条例
 ③基本条例の特徴とポイント
 ④市議会改革の現状と課題について、説明しました。

 さらに、小坂委員長は条例制定にあたって、市民と協働してすすめてきた経緯を、以下の3点について報告しました。

 ①市議会改革アンケートを実施(昨年2月〜3月)
 ②条例素案の公聴会を実施(昨年11月)
 ③条例案のパブリックコメントを実施(今年1月〜2月)

 このように、市民の意見を踏まえて条例案を策定し、6月市議会に上程、可決しました。

 最後に、小坂委員長は、「市議会基本条例の制定は、市議会改革のあくまでもスタートに過ぎない。今後、議員一人ひとりの意識改革が求められてくる」と強調しました。

 その後、市民との意見交換が行われ、参加者から1時間にわたって、以下のような意見等が出されました。

◆市議会の熱い思いを評価したい。
  制定した以上は、議員が 守っていくことが大事。
◆市議会の意欲を感じ、嬉しい。
  もっと多くの市民に伝えるため、日曜日が良かった。
◆議会力・議員力を一人一人が早くつけて欲しい。
◆市議会の積極的な姿勢に敬意。実を結ぶよう期待したい。
◆市民との距離を縮めることは大事。
  ネット中継など検討して欲しい。

 このように、「市民ととともに進める議会改革」の市議会基本条例報告会は、市民との連携・協働をさらに推進する、有意義な会議となりました。
 
 

2018.07.24 20:58:04

テーマ:活動報告/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲