【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

震災6年 双葉町民が追悼  3/11

   
       (会場入口に設けられた献花台 11日)
 

 11日、2011年3月11日の東日本大震災・東京電力原発事故から6年目を迎えました。

 市内にある双葉町社会福祉協議会の追悼会場(騎西)には、市内をはじめ県内で避難生活を送る双葉町民約120人が集まりました。

 そして、震災発生の午後2時46分に双葉町の方角に向かって黙とうしました。

 双葉町埼玉自治会の藤田博司会長は挨拶で「双葉は帰還困難区域。この先何年たったら戻れるかわからない。これからもこの苦境を乗り越えていきたい」と語りました。

 会場は再会を喜ぶ町民で大変賑わい、歓談後、新たな一年に向かって元気で再会することを約束し、それぞれの避難生活へと戻っていきました。

 さえき由恵議員も参加し、被災者を激励しました。

2017.03.11 23:45:08

テーマ:未選択/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲