【よしの活動日記】日本共産党加須市議会議員 さえき由恵

── いつも市民に寄り添って ──

「市民は何を望むのか?」 研修

       市議会議長会研修 吉川市 26日
 
 「市民は何を望むのか?」〜ニーズの把握と連携の可能性〜と題して、埼玉県市議会議長会・第4区議長会の議員研修が昨日(26日)、吉川市中央公民館ホールで開催されました。


  市議会議長会第4区議長会は、県東部地域の加須市を含む12市で構成され、会場には、市議会議員が大勢参加しました。私も参加しました。

 研修会の講師は、谷口尚子・慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科准教授です。

 
     講演する谷口氏
 谷口准教授は先月、平成国際大学で開催された、日本法政学会主催によるシンポジウム「町村議会の活性化を考える」でのパネリストでもありました。シンポには、平成国際大学と連携をすすめる、加須市議会も出席。谷口准教授の講義は2回目。

 講演では、「地方議会の現状と改革の方向性」について、市民との連携策を深化させる観点から、住民参画の在り方等についてお話。さらに、具体的な市民ニーズの把握の実践として、事前に東部地域の加須市を含む12市の住民に対し、インターネット調査を実施し、調査結果を報告。わかりやすく、面白い内容でした。


 加須市議会は、市民との連携を推進し、議会改革に取り組んでいます。先の6月市議会では市議会の最高規範となる「市議会基本条例」を制定しました。さらに市民との協働・連携を発展させたいと思います。

 
                インターネット調査結果より
 
 


2018.07.27 07:14:31

テーマ:未選択/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲